婦人

ボトックス注射で理想の顔になる┃小顔になりたい人に最適な方法

  1. ホーム
  2. ボトックスの効果

ボトックスの効果

看護師

女性にとって、自分の顔の大きさは特に気になる部分と言っても過言ではありません。顔が大きく見えてしまう原因は幾つかありますが、顔のエラ部分が原因になっている場合は骨を削って小顔にするか、ボトックス注射を使って小顔にすることができます。しかし、ボトックス注射でどうやったら小顔になることができるのか、不思議に思う人も少なくありません。そういった人は、まずはどういった効果を得ることができるのか調べてみると良いでしょう。そうすることで、幾つかある施術方法の中から自分に合った方法を見つけることができます。

小顔を目指している人にとって大敵となるのが顔にある筋肉です。小顔効果を狙って顔の筋肉を鍛える人もいますが、方法を間違ってしまうと筋肉が発達してしまい益々大きくなってしまう可能性もあるのです。そのため、顔のサイズを小さくしたいと思っている人はボトックス注射を使って筋肉の働きを弱めてみましょう。筋肉の働きを弱めることができれば、筋肉を余分に鍛えてしまうこともなくなるため、顔のサイズダウンには役立ちます。施術の方法は、注射を施術箇所に打つだけです。そのため、施術事態は5分から10分程度で終わらせることができるでしょう。しかし、ボトックス注射の施術を受ける場合は必ず事前に担当の医師とカウンセリングを行なう必要があります。筋肉が原因で顔が大きくなってしまっている場合は、ボトックス注射を打つことで小顔を目指せますが、骨格などの骨そのものが原因になってしまうと施術を受けても効果に期待することはできません。そのため、事前に医師と話をして何が原因になっているのか確認しておきましょう。この施術を受けた後は施術箇所に内出血ができてしまうこともありますが、あまり目立つことはほとんどないためメイクなどでカバーすることが可能です。効果事態は3週間か1か月程度で実感することができます。ですが、この施術の効果が続く期間は限られているため持続的に効果を得たい人は定期的にクリニックに通って施術を受けるようにしましょう。その他にも、施術をした後は顎周辺の筋力が低下しているため硬い食べ物が食べにくくなってしまったり、顎周辺に違和感を感じてしまう場合があります。食事に制限はあまりありませんが、食べにくいと感じるものがでてくるため施術後の食事には気をつけましょう。違和感はボトックスの成分が体に浸透しはじめた頃から徐々に無くなっていきます。